CTIME

CTimeに年齢制限はない!? Twitterが使えない人たちがこのCTimeに流れてきて……

Twitterに年齢制限があるって知っていましたか?

10代から20代の間で数多く利用者のいるTwitter

Twitter人口だけで4500万人がいるとされ、日本人の人口が1.2億人なのでおよそ4割程度が使っている計算になりますね。

そんなTwitterですが年齢制限といった罠があります!

実は13歳未満の誕生日で設定したアカウントはすぐに凍結してしまうのです。

 

本来これは13歳未満の子がアダルトな投稿やグロテスクな画像を見ないための措置なのですが、サブアカウントでこれを作ったとしても凍結してしまいます。

例えばペット用のアカウントを作って誕生日をペットの誕生日に設定したとします。

犬や猫だったら13歳以下ですよね?

それを設定した瞬間にアカウントが凍結しちゃうんです……!

長年運用してるアカウントで「あ、そういえば誕生日設定してなかった!」というアカウントでも同じように凍結してしまうのですから、恐ろしいことです……

 

CTimeには年齢制限はあるの?

2018年からリリースした新しいSNSのCTimeですが、こちらは年齢制限が4才未満となっています。

他のコミュニティアプリも軒並み17才だったり13才だったりする中、CTimeは年齢制限がないのは珍しいですね。

ちなみに実際にCTimeを使っている方々の中でも、Twitterで凍結してしまったから流れてきたという方も多いそうです。

 

CTimeでは何ができるの?

 

CTimeはTwitterと似た機能が多いアプリケーションで、なじみやすいことが特徴です。

CTimeの特徴としてランキング機能があることが挙げられます。

なんと、画像のようにCTime内であいさつをしただけでランキングに乗ることもできちゃいます!

CTimeは「インフルエンサー」になりたい人を応援するといった機能が備わっていて、インスタグラマーならぬCTimerになりたくて使っている方が多いそうです。

というか単純に投稿したら単純にポップ(Twitterで言ういいね)がたくさんもらえるのって嬉しいですよね?

 

恐らく今からインスタグラマーを目指すことは非常に大変です。

なぜならあなたの代わりはもういるからです。

でも、そんな中CTimeでならまだ有名じゃないアプリだから、もしかしたら有名になれるかもしれない!

といった形でCTimeが有名になると同時に自分も有名になりたいという思いで使われているようですね。

あなたもCTimer、目指してみてはどうでしょうか?