仕事関係

社会人1年目からブラック企業に!?社畜人生から抜け出す方法とは…

社会人1年目という輝かしい時代

学生時代を卒業して晴れて社会の仲間入り!社会のために頑張るぞ!

という希望と夢にあふれた眼差しで新入生というのは新品のスーツを着て出勤しています。

しかし、社会というのはかくも厳しく辛いもので、一筋縄では生きていける世界ではありません。

「パワハラ」「暴力」「人間関係」「長時間労働」たった1週間でキラキラしていた新入生の目は、絶望のどん底に落とされます。

事実、私もそうでした。

新入社員でブラック企業に入ってしまった……

新しい仕事を覚えるというのはいつだって大変です。失敗はしますし、上司をイラつかせてしまうことも多いでしょう。

単身で東京に出てくれば相談相手もいません。

そんな中、月100時間を超える労働やうつ病になるほどの暴言を浴びせさせられたら、そりゃ逃げ出したくもなります。

新社員1年目から会社を辞めてもいいの?

世の中に出回っている言葉の一つに「一つの会社には3年間在籍した方がいい」という言葉があります。

3年経たずに辞めてしまうと「こいつはたった数年で辞めてしまうやつなのか」というレッテルが貼られてしまい、転職がしにくくなってしまう、という話です。

実はこれは真っ赤なウソです。

本当の意味は「一つの会社を3年勤めあげるようにできれば、5年、10年と働くことができるようになる」

つまり会社を3年勤めあげる必要はないのです。

会社員という雇われた生活は嫌だ!

 

そもそも会社員として雇われている生活というのは飼いならされた社畜です。

もしあなたが会社員以外の収入が欲しいのでしたら、副業での収入を作るべきです。

今、副業としての収入を作るための方法としてお勧めなのはコンテンツマーケティングです。

あなただけのプラットフォームとあなただけの環境を作り上げる。

詳しくはこちらの記事をご参考にしてください。

使えば使うほどプレゼントが届くSNS!? 今流行りのCTIMEとは?